卯月ユウトの読書日記

読んだ本を記録する、読書好きの交流の場です。

読書記録(これまで読んだ本の一覧)

こちらは、これまで私が読んできた本の一覧です。このブログで記事を書いた本に関しては、タイトルを押すとその記事に飛べる仕様にしようと考えています(まだ書いていないのであくまで予定です)。

小説

あ行

相沢沙呼
芥川龍之介
阿川大樹
あさのあつこ
  • 『バッテリー Ⅰ〜Ⅵ』(角川文庫)
  • 『晩夏のプレイボール』(角川文庫)
  • 『ラスト・イニング』(角川文庫)
  • 『敗者たちの季節』(角川書店
阿部暁子
天沢夏月
綾辻行人
有沢ゆう希
アンディ・ウィアー
  • 『火星の人[新版]上・下』(ハヤカワ文庫)
池井戸潤
伊坂幸太郎
一条岬
いぬじゅん
  • 『いつか、眠りにつく日 1〜3』(スターツ出版文庫)
  • 『三月の雪は、きみの嘘』(スターツ出版文庫)
  • 『ログインØ〈ゼロ〉』(スターツ出版文庫)
  • 『チルチルサクラ 〜桜の雨が君に降る〜』(角川文庫)
  • 『願うなら、星と花火が降る夜に』(LINE文庫)
  • 『君と見つけたあの日のif』(PHP文芸文庫)
  • 『今、きみの瞳に映るのは。』(実業之日本社文庫GROW)
  • 『この冬、いなくなる君へ』(ポプラ文庫ピュアフル)
  • 『あの冬、なくした恋を探して』(ポプラ文庫ピュアフル)
  • 『その冬、君を許すために』(ポプラ文庫ピュアフル)
  • 『いつかの冬、終わらない君へ』(ポプラ文庫ピュアフル)
岩井俊二
岩木一麻
宇山佳佑
ミヒャエル・エンデ
大石静高橋和
  • 『大恋愛 〜僕を忘れる君と 上・下』(扶桑社文庫)
大根仁
岡田惠和、国井桂
沖田円
  • 『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』(スターツ出版文庫)
  • 『一瞬の永遠を、きみと』(スターツ出版文庫)
  • 『春となりを待つきみへ』(スターツ出版文庫)
  • 『神様の願いごと』(スターツ出版文庫)
  • 『真夜中プリズム』(スターツ出版文庫)
  • 『きみに届け。はじまりの歌』(スターツ出版文庫)
  • 『すべての幸福をその手のひらに』(スターツ出版文庫)
  • 『ひだまりに花の咲く』(スターツ出版文庫)
  • 『僕らの夜明けにさよならを』(スターツ出版文庫)
  • 『そして8日目に愛を謳った。』(小学館文庫キャラブン!)
  • 『流星の消える日まで』(小学館文庫キャラブン!)
  • 『猫に嫁入り〜黄泉路横丁の縁結び〜』(小学館文庫キャラブン!)
  • 『猫に嫁入り〜忘れじの約束〜』(小学館文庫キャラブン!)
  • 『猫に嫁入り〜常しえの恋唄〜』(小学館文庫キャラブン!)
  • 『千年桜の奇跡を、きみに 神様の棲む咲久良町』(ポプラ文庫ピュアフル)
  • 『雲雀坂の魔法使い』(実業之日本社文庫GROW)
乙武洋匡
  • 『オトタケ先生の3つの授業』(講談社
織守きょうや

 

か行

川村元気
菊川あすか
北川恵海
黒住光
  • 『ノベライズ 花束みたいな恋をした』(リトルモア
黒柳徹子
小坂流加
  • 『余命10年』(文芸社文庫NEO)
  • 『生きてさえいれば』(文芸社文庫NEO)

 

さ行

櫻いいよ
佐野徹夜
塩田武士
汐見夏衛
  • 『海に願いを風に祈りをそして君に誓いを』(スターツ出版文庫)
志駕晃
重松清
島田荘司
島本理生
  • ナラタージュ』(角川文庫)
  • 『ファーストラヴ』(文春文庫)
新海誠
  • 『小説 君の名は。』(角川文庫)
  • 『小説 天気の子』(角川文庫)
新川帆立
  • 『元彼の遺言状』(宝島社)
須賀しのぶ
住野よる
  • 『君の膵臓をたべたい』(双葉文庫
  • 『か「」く「」し「」ご「」と「』(新潮社)
  • 『また同じ夢を見ていた』(双葉文庫
  • 『よるのばけもの』(双葉文庫
  • 『青くて痛くて脆い』(角川文庫)
  • 『この気持ちもいつか忘れる』(新潮社)
  • 『麦本三歩の好きなもの 第一集』(幻冬舎文庫
せひらあやみ

 

た行

高嶋哲夫
高杉良
  • 『辞令』(文春文庫)
高橋あこ
鷹見一幸
太宰治
橘もも
  • 『小説 透明なゆりかご 上・下』(講談社文庫)
知念実希人
ドリアン助川
  • 『あん』(ポプラ文庫)

 

な行

中島京子
  • 『長いお別れ』(文春文庫)
中田永一
梨屋アリエ
  • 『ココロ屋』(文研出版)
夏目漱石
七尾与史
七月隆文
貫井徳郎

 

は行

灰谷健次郎
  • 『太陽の子』(角川文庫)
ロバート・A・ハインライン
春田モカ
東野圭吾
火坂雅志
  • 『真田三代 上・下』(文春文庫)
百田尚樹
誉田哲也

 

ま行

又吉直樹
三浦しをん
南杏子
宮下奈都

 

や〜ん、アンソロジー、団体等

山田悠介
吉田修一
  • 『路(ルウ)』(文春文庫)
アンソロジー

 

エッセイ

 

ノンフィクション

 

新書

 

マンガ

 

ムック本

鉄道

ガンダム

宇宙

  • 『宇宙 太陽系から銀河宇宙の果てまで全てがわかる』(成美堂出版)
  • 謎と新発見がまるごとわかる! 宇宙の地図帳大全』(青春出版社
  • 『宇宙はすぐそこに -「はやぶさ」に続け!- 』澤岡昭(中日新聞社
  • だれもが抱く素朴な疑問にズバリ答える! 人工衛星の“なぜ”を科学する』NEC人工衛星」プロジェクトチーム(アーク出版

音楽

料理

  • ひと口で人間をダメにするウマさ!リュウジ式 悪魔のレシピ』リュウジ(ライツ社)

ビジュアル

 

写真集・フォトブック

 

※このページは随時更新していきます

※()内は私が読んだ書籍の出版社、文庫名を表記しています

誰かの支えになること - 「今夜、世界からこの恋が消えても」一条岬 著

はじめに

皆さんこんにちは、卯月ユウトです。

今回は、一条岬さんによる青春小説『今夜、世界からこの恋が消えても』について書いていきたいと思います。

今夜、世界からこの恋が消えても - 一条岬(メディアワークス文庫)※画像は版元ドットコムより

この作品は第26回電撃小説大賞で《メディアワークス文庫賞》を受賞した『心は君を描くから』を加筆修正の上 刊行されたものです。累計発行部数は50万部を突破し

それでは、感想に移って行きたいと思います。

 

感想

この作品は、高校生の僕(=神谷透)と事故によって前向性健忘を患った日野真織の青春ストーリーです。

前向性健忘というのは記憶障害の一つで、障害が発現した時期が明確でそれ以降の情報の記憶障害が起きるものをいいます(障害発現以前の記憶がなくなるものは逆行性健忘といいます)。

記憶が無くなってしまうことをテーマにした小説や映画は多数あり、有名なところでいうと『50回目のファーストキス』だったり『博士の愛した数式』だったり。私の好きな作家・沖田円さんのヒット作『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』も、記憶が1日しか保たない男の子がメイン人物となっています。というように、よくある設定ではあるわけで、どうやって差別化していくのかというのが重要になってきます。

電撃小説大賞最終選考委員の作家・三上延さんが、

前向性健忘という使い古されたアイディアに最初は悲観しましたが、いい意味で期待を裏切られました。ハイレベルな青春小説です。

 - 本書帯より -

と評しているように、物語終盤で一気に様相が変わりました。後半の物語の運び方が、選考でも評価されたのだろうなと感じました。その辺りは是非読んで味わってください。

 

また、この作品を読んで強く感じたのは、『誰しも他の誰かの支えになっていること』です。

何のために生きているのかわからない、自分は必要じゃないのではないかと感じるという声をネット上などで目にする機会があります。でもきっと、その人の周りにいる人にとっては、その人がそこにいる事で何かが生まれていて、その影響力に当人は気づいていないだけなのでしょう。この物語でも、真織は気付かぬうちに透にとって大切な人になっていたし、その逆もあったのです。

私も、今繋がっている人(学校の友人や先生、親族など)との関係を大事にしたいと思いましたし、しなければならないんだと強く思いました。かけがえのない“今”を精一杯楽しみたいです。

 

さいごに

ということで、今回は一条岬さんの『今夜、世界からこの恋が消えても』の感想を書いてきました。非常に良い青春小説でした。

下記リンクより購入することができます。気になった方はぜひこの記事にスターをつけるとともに、書籍を購入して読んでみてくださいね。

[rakuten:book:19908329:detail]

 

また、真織の親友・綿矢泉が主人公の続編『今夜、世界からこの涙が消えても』も発売されています(私も未読なので読んでみようかな……)。

 

なお、なにわ男子の道枝駿佑さんと女優の福本莉子さん主演の実写映画が絶賛公開中です。映像で観てみるというのも良いかもしれませんよ(私は映画も見に行きました)。

youtu.be

それでは、この辺で。

 

甘くて切ない恋の物語たち -「ケーキ王子の名推理6」七月隆文 著

はじめに

皆さんこんにちは、卯月ユウトです。

このブログで最初に取り上げる本はこちら。

ケーキ王子の名推理6 - 七月隆文新潮文庫nex)※画像は版元ドットコムより

七月隆文さんの大人気シリーズ作品の最新刊『ケーキ王子の名推理6』です!

名推理と書いて「スペシャリテ」と読むんですよ〜。

私は七月さんの書く優しくてスッと入ってくる文章がすごく好きでして。新刊が出る度に喜び勇んで書店へ買いに行く作家さんの1人なんですよね。

 

とまあ、前置きはこれくらいにいして、感想を書いていきたいと思いますね。

 

感想

12月になり浮き足立つ未羽、その隣には颯人。

そんなシーンから始まる。いつの間にやら2人は下の名前で呼ぶようになっている、、、『おうおう、羨ましいじゃないか』などと、1巻から読んでいる私はどこか2人の親戚のおじさんのような感覚になるのです。

 

そうそう。この6巻はそんな未羽と颯人だけではなく、若干 険悪気味だったあの2人や、未羽の親友の淡い恋が描かれており、終始 先のような身内の恋バナをしているようななんとも言えない心地がありましたね。個人的には大人の恋(青山さんとカロリーヌ)の続きも知りたいなあとも思いつつ。

そして、恋だけでなく颯人の挑戦にも大きな進展があって。最後にはなんかちょっとほろ苦い感じが残りましたけど、、、その辺りはぜひ実際に読んで確かめてほしいです。

ちなみに未羽の怒涛の食レポは少なめです。それでも、ところどころで未羽がする食レポはあの独特のワードセンスがこれでもかと光っているし、その食レポが思わぬ夢への突破口に繋がっていたし……。大きな夢を追う颯人の隣で、未羽も自分の目標を見つけられたようで良かったです。

 

やはりと言いますか、各章最後にある中原薫さんが手がけるスイーツのイラストは相変わらず美味しそうでした。ミゼラブルにパンケーキにポン・ヌフ。本当にそそられます。

 

5巻までで広げられた伏線の回収もかなり進んで、しかも最後には『未羽と颯人の物語は、いよいよ佳境を迎える。』なんて書いてある。ということはあと1巻、2巻くらいで終わるということか。いやあ、おじさんまだまだ何十巻でも読みたいです。

恋や夢・目標など色んな方向で登場人物がそれぞれ大きく成長していく、そんな一冊でした。七月さん、楽しいひとときをありがとうございました。

 

さいごに

今回取り上げた『ケーキ王子の名推理6』はお近くの書店のほか、下記リンク(Amazon楽天)から購入することもできます。ぜひぜひ購入して読んでみて下さいね。

今後も、このような形で本の感想を書いていきたいなと思います。少しでもこの記事が良かったよ、参考になったよという方は、スターだったり読者登録をお願いします。

また、この本おすすめだよというのがあれば、どしどしコメント欄にお寄せ下さい。私の今後の本選びの参考にさせていただく他、読者様同士の交流の場となれば幸いです。

それではまた。

 

開設のお知らせ

こんにちは、卯月ユウトです。この度、新しいブログを開設しました!その名も……

卯月ユウトの「読書日記」

です。ブログ名の通り、読んだ本の感想だったりを書いていきたいなと思います!

もう1つはてなブログで書いている『卯月ユウトオフィシャルブログ』ですが、今後は主に音楽を扱い、そのほか他のサイトの批評など本以外の内容を扱って続けていこうかなと考えています(ほぼ今まで通りってことですね)。

 

私、音楽以外でも本当に読書が好きで本が大量にあるのですが、せっかく読むのだったら記録をつけておくのも良いかなと。

 

コメント欄に関しては、今の所は解放しておくつもりでいます。

もし同じ本を読んだ方がいれば「私はこう思ったよ」と書いてもらうのも良いですし、おすすめの本を紹介して頂ければ本選びの参考にしていきたいなと考えています。

状況によってはコメント欄の扱いは変えるかもしれませんので悪しからず。

 

それでは、これで開設のお知らせとします。

どうか、読書好きが集まる暖かい場所となりますように。